4月28日開催 竹内先生『愛の育み方とアイライフプラン完全メソッドセミナー』

日本ブライダルソムリエ協会の認定講師である竹内先生の『愛の育み方とアイライフプラン完全メソッドセミナー』に参加しました。GWの前日・悪天候にも関わらず満員御礼、ドタキャンゼロの大盛況でした!

私、アラフォーのいい歳してこの手については中学1年生なのです(笑)。

なので、ハピゴンライターの中では受講生として一番ふさわしいような、ふさわしくないよう感じですが、少しでもそのあたりの力をアップできるように吸収してきましたよ!

 

さて、みなさんLQLove Quotient)ってご存知ですか?恋愛指数のことです。

自分の恋愛能力ってあまり数値にして客観的に図ることはないですよね。なんとなく、うまくいくなーとか、なかなか恋愛に結びつかないなぁ~とか。漠然と自分の経験則から考えたりしていますよね。

 

今回は、このLQを診断して自分の恋愛能力や傾向を知ろう、ということで診断テストをしました。

私の能力は、じゃん!このとおりです。59点。60点以上だと恋愛能力が高いとのことで、1点及ばず惜しい~

 

 この5つの要素のうち1つだけ突出して良いとか、悪いのではなくバランスよく五角形ができるのがいいようです。また、高いものはより高め、悪いものも伸ばしていくことで指数を高めていく、とのことでした。

自分には、無理だなあと思って諦めそうな要素でも伸ばしていくことができますよ。

この5つ要素の内容と高めるポイントを教えていただきました。

 

 1.自己愛情認知力

  自分の恋愛感情を正確に把握する能力です。

  自己防衛反応、現実逃避、鈍感がこの認知能力を低めてしまうそうです。

  自分の感情に素直にした方がいいとのことでした。

 

  私は、この点とても著しく気づかないのですよね…。自分の気持ちに気が付かないの
  です。あはは・・・そして、気が付いたら時すでに遅し、みたいなのはよくあります
  よね。

私だけですね、はい。

  自分の気持ちに素直になる、夢を諦めないことがこの能力を高めるポイントです。

 

2.恋愛感情制御力

恋愛関係の中で生ずる、不安、嫉妬、欲求、怒りなどをコントロールする力です。

不安を口にしたりしていませんか?それで、つい相手にネガティブな言葉を発して攻撃していませんか?

ただ、自分の中に現れるネガティブな感情って、たいてい単なる思い込みすぎだったり、考えすぎだったりすることってありますよね。ただ、自分の中で沸き起こったネガティブな感情に蓋をすることなく言葉を選んで伝えないと、ですね。

たとえネガティブな感情が起きたとしても、言葉を選んでプラスの結末に結び付けられることがポイントです。

 

3.恋愛前向き楽観力

相手のいい面を見て積極的に楽しむ力です。周囲の人もハッピーにする力です。

この指数を高めるためには、ポジティブな言葉を投げかける、ことです

ありがとう、素敵、感謝してる、大丈夫等々。

ちなみに、竹内先生は毎日、大事な人にポジティブな言葉を投げかけているとのこと。

かっこいい~!ステキすぎますー。

  

関係が長いと今更とか感じるかもしれませんが、改めて相手に投げかけてみると変わるかも(もっと仲良くなれる)かもしれませんよ。

  

4.恋人共感力

一方的ではなく、お互いに理解し合う力です。相手の考えや雰囲気を読み取る、空気を読む力です。

例えば、ありがとうの3段活用で、ありがとう、を身振り手振り・声のハリなどを変えて伝えると相手の受け取り方も変わります。

 

5.恋愛関係維持能力

相手のいい面を見ることができる能力です。

この能力のポイントは2つ。

①ポジティブ思考-褒める、喜ばせる、感謝する

②適切な距離感-依存しすぎず適度に頼る。ストレスをためすぎない。(適度にケンカも)

 

<ケンカの鉄則。>

①人格攻撃をしない。

②人と比べない。

③身内を悪く言わない。

④変えられないことを悪く言わない。

⑤過去のことを持ち出さない。

 

私の場合ですと、相手の嫌な面が見えるとすぐ嫌になって気持ちがサーっと音を立てて消えていきます。心が狭いのですね。ちょっとした過ちが許せなかったりして。

一番数値が低かっただけに、なるほどーと感じる点が多かった要素です。

 

そして、日本ブライダルソムリエ協会様で結婚後の現実的なライフプランの組み方(お金の話)の相談や、出会いがない方への相談もできるそうです。

いろいろ手厚く恋愛やパートナーとの関係のご相談、結婚後の生活の構築や関係の築き方についてご相談に乗っていただけるようです。

 

皆さん、それぞれの要素の指数はどの程度だと思いますか?恋愛やパートナーとの関係に悩まれているようでしたら、各要素のうち自分が高めた方がいい要素を伸ばすようにしてみると違うのかもしれません。

また、それぞれの状況によって各要素で刺さる箇所が違ってくるのでしょうね。

私が一番低い5番目の要素でうなずく点や思い当たるフシが多かったように。

 

講義を通して全体的に感じたのが、自分に素直になった方がいいのかな、と思いました。素直に、とは相手に対する不満も大切だなと思う気持ちも両方。

きっと、個性や何もかもが違う二人なのですから、気持ちや感じることが食い違うことはたくさんあるでしょう。ただ、それを相手にこう思われたら…とかを考えずに、自分の素直な気持ちを率直に攻撃することなく伝えてみる。自分も相手も両方とも犠牲にすることなく、お互いが幸せでいられるために。

そして、ポジティブな日頃の感謝の気持ちを口に出すことも忘れずに。

 

誰も一番の自分の理解者だったり、大事な人を傷つけたいと思わないはず。なぜ、素直に言葉が出ないのか、相手に原因を求めるのでなく、自分の気持ちの中でどれが障害や壁を作っているのか自分の心と向き合うのが一番の解決なのかもしれません。

 

中学1年生の自分がレポートさせていただきました。テストでますよ。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Quiana Stuhr (木曜日, 02 2月 2017 09:23)


    Heya i'm for the primary time here. I found this board and I to find It really helpful & it helped me out much. I am hoping to give one thing back and help others like you helped me.

  • #2

    August Duke (金曜日, 03 2月 2017 23:49)


    Hi to every one, as I am in fact eager of reading this webpage's post to be updated on a regular basis. It contains nice stuff.